Live in トップページ > マンション購入マニュアル

マンション購入マニュアル

購入契約を結ぶ

入居したいマンションが決まったら、いよいよ契約です。実際の購入契約の流れをご説明します。
ひとつひとつが重要なプロセスとなりますので、内容とポイントを理解しておきましょう。

STEP1

マンション購入を申し込む

購入を決めたら、本契約の前に「申し込み証拠金」を支払って、「このマンションを購入する」というきちんとした意志を示します(物件によっては不要)。申し込み証拠金を支払っておくと、他に購入希望者が現れたとしても優先的に購入できるのです。

この申し込み証拠金は、正式な契約後、購入代金にそのまま充当されます。申し込みをキャンセルした場合には、基本的に返還を要求することが可能です。

STEP2

重要事項説明を受ける

売買契約締結に先立って、宅地建物取引主任者から「重要事項説明」を受けます。重要事項説明とは、物件の概要、建築上の規制、金銭・契約に関することなど、取引における重要事項を宅地建物取引主任者が説明するものです。
当日は、できるかぎり夫婦揃って、また親との共有名義にするのであれば親も一緒に同席するようにします。分からないこと、疑問点があれば納得できるまで質問し、契約するか否かの最終判断をするようにします。

また、できれば売買契約予定日の前に重要事項説明書を渡してもらい、説明と異なる部分がないか、新たな疑問点がないかなどを改めてチェックしておきましょう。 

STEP3

売買契約を結ぶ

重要事項説明が終わると、いよいよ正式な売買契約締結です。トラブル防止のためにも、売買契約書は慎重に確認し、あいまいな部分や不明点を残さないように。きちんとした合意と理解の元で署名・捺印を行うようにします。

売買契約書へ署名・押印を済ませたら、所定の「手付金」を支払います。金額は不動産会社によって異なりますが、物件価格の5%〜10%程度のところが多いようです。売主から手付金の領収証を受け取って、売買契約は終了の運びとなります。

STEP4

住宅ローン融資を申し込む

売買契約が終了すると、住宅ローンの申し込みです。通常は売買契約締結当日、完成・引渡しまでの期間がある新築マンションの場合には、後日申し込むこともあります。いずれにしても、売買契約締結前に申し込むローンを選び、必要書類を用意しておく必要があります。

住宅ローンの選択肢としては、公的融資(年金融資など)、民間融資(銀行など)、社内融資(お勤め先)の3つに加え、公的融資(住宅金融公庫)と民間融資がコラボレーションした「フラット35」があります。
最長35年の長期固定金利であるフラット35は、現在比較的低金利で安心感があるといった理由で人気です。

>>>>@住宅ローンに詳しい説明があります(印刷もできます)

もしも審査に通らなかった場合は、ローン特約(白紙解除)によって、自動的に契約は解除されます。売買契約前に、ローン特約が契約に盛り込まれているかどうか必ずチェックしておきます。もし盛り込まれていなければ、解除の意思表示をしなかったことになってしまいます。注意しましょう。

【マンション購入マニュアル】入居前の準備へ